スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝たきり対策♪エアマット♪

その昔、しばちゃんの介護を考え始めた頃に出会った

わたしの介護の参考本、

漫画 老犬介護日誌、「老犬『思いやり』読本」のイチちゃんは、

寝たきりになった時にゴムボートを使っていました。

そのことはすっかり忘れていたこのですが

ブログ村の黒柴カテゴリーに参加されている

おてわん一家ういず幸☆2のおてわんさんから
http://otewanikka.blog47.fc2.com/

床ずれ対策についてのコメントを頂き、

イチちゃんのことを思い出したこともあって、

赤ちゃんのお風呂用エアマットを購入しました!

PIC_0963.jpg

PIC_0964.jpg

ビーチマットはお安いお値段で色々あるのですが

サイズが大きくて、結局赤ちゃん用を選択しました。

しばちゃんが寝てくれるかどうか現在トライアル中です。

エアマットを買う前は、

「管理人の太ももに似せたハの字タオル」で腕やあばらを浮かせていました。

PIC_0951.jpg

これは、膝の上に乗せるとよく寝るので

その状態を模すという発想です。

実際、これはしばちゃんがお気に入りの体勢のようで、

この体勢だとよく寝ます。

頭の部分が管理人の腕、

ベージュのタオル地のものが管理人の開いた太ももにあたります。

おてわんさんの記事でずっと見ていた

赤柴のシニアちゃんは、床ずれがひどかったとのことです。

(*飼い主はおてわんさんではありません)

床ずれはとても痛いと聞いているので

よく注意しようと思います。


スポンサーサイト
コメント

No title

なるほど、赤ちゃん用のエアマットですか。
こたまこさんはいわゆる「介護用品」にこだわらず、
いつも色々と手作りされたり、
工夫されたりしているので頭が下がります。
私はどうも頭が固くて柔軟な発想ができないんですよね~。
案外身近なところにスグレモノがあったりするのに気づかないし(泣)。
なので、私もいろんな方の介護経験を拝読して、
勉強させてもらっています。
私は携帯もほとんど使わないアナログ人間ですが、
チロの介護に関してはインターネットのある時代で良かった、
とつくづく思います。

こんにちわ(^-^)

ビックリ!!

私もチャッピーの介護が始まった頃にイチちゃんのブログを
毎日のように見ていたのです。
なので、こたまこさんのブログ同様、
パソコンのブックマークに入っています(^o^)

エアーマット、しば二ちゃんは気に入ってくれたかな?
チャッピーが寝たきりになった時には
やはり床ずれを心配してプチプチの4枚重ねを使いました。
介護用ハーネスを購入した時に、玉葱工房さんから教えて頂いたのです。
もし床ずれが出来てしまったら、プチプチなら簡単に穴を開けられるし、
価格が経済的なので、汚れたり穴あけを失敗しても
買い換えやすいですし、腹も立たない(笑)

結局、床ずれが出来るほど寝たきりは続きませんでしたが・・・( ; ; )

No title

エアーマットどうですか?
少しでもこたまこさんのお膝の感触に近くなると
しば爺も安心して休めるかな^^
うちも急遽新しいマットレスを買って・・・(笑)
2匹ド真ん中に寝られて昨夜は主人のあたくし床寝でした( ´△`)

☆さとさん

ほんとうに、インターネットがあって助かりました。
本屋ではそこに置いてあるものしか見られないし、どんな本があるかリサーチするのも限界があって、狭くなってしまうし、時間もかかると思うんです。
老犬介護をされるみなさんがブログを作られて、情報公開をされていて、すごく助かります。

☆neneさん

neneさんもイチちゃんをご存知でしたか・・・!?
イチちゃんも全身全霊の介護を受けたコですよね。

プチプチを部分的に使おうか考え始めています。これからは、しばちゃんが嫌がらないものを探していかなくてはいけません。

チャッピーちゃんは急逝してしまって、お世話する時間が短かったのは、ママさんにもよけいに心にのこる出来事だったのではないかと思います。ハーネスは必要なかったけれど、お嬢さまがスプーンでご飯を上げているお写真などはとても素敵でした。チャッピーちゃんきっと嬉しかったですよ~♪

☆もこママさん

じ~つ~は~、エアーマット、どうやらあまりお気に召さないような雰囲気が漂い始めています。
(- -;)
もこママさん、床寝とは、、、頑張られましたね!
でも、身体が凝ってしまうと思うし、疲労が蓄積してはいけないので、何とか身体に良い所で寝てくださいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。