スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きているのに~、ペットロス!?

先日の爆走が落ち着いたのか

少しだけ笑顔になりました。

でも何となく魂の抜けちゃったような顔をして

長い間続けてきた夜中~早朝の徘徊も1回毎の運動時間がグッと短くなって

管理人はどうしたらいいのかわからずに何だかぼーっとしてしまいます。

車椅子の方がお互い楽だろうなと思いながら

それにしては歩く時間が短いしと悩んだり・・・。

11051303.jpg

右側に突っ込んでいってセンターも倒し

終いにはセンターに乗り上げてしまうので

今は管理人がサークルの中央に座り

徘徊のお手伝いをしています。

11501304.jpg

おしっこの要求だけははっきりしていて

その時に立てないと「わあああーん」と大きな声で言ってくれます。

しばちゃんがあまり動かなくなったことで、

しばちゃんにつきっきりで、

24時間見守り

気を張ってきたしばじ&管理人のこれまでの生活が少し変わり

最早ペットロスみたいな気分です。

しばちゃんに対する、沢山の後悔、ーもっとこうしてあげたら良かったー、

そんな思い山盛り出てきます。
スポンサーサイト
コメント

No title

あ~しばじさん、かすかに微笑んでいらっしゃる…カワイイ…。
最近のしばじさんの様子を拝見していて、
ギネスにも載った世界最長寿(らしい)の日本女性が、
晩年「二日寝て二日起きる」という生活をしていたことを思い出しました。
そういう感じの生活パターンの高齢者、珍しくないそうですね。
ワンコもそうなのかな……。

私もきっと「もっとああしてあげてたら、こうしてあげてたら」
と延々クヨクヨしそうな気がします。
でも、どんなに精一杯やったつもりでも、
「後悔はいっさいナシ!」ってありえないような。
せめてその後悔を少しでも減らせるように、
今できることをやるしかないんでしょうね。
とはいえ、どーしてあげたら本犬にとって一番いいのか、
わからんことだらけですけど~。

No title

しばちゃんのお顔が、なんとなくシュンとしてみえるのは気のせいかな。
静かすぎても寂しいというか、物足りないもんですね。
後悔はない!なんてありえないです。
これで満足というのは、私も来ないだろうなぁ。。。

しばじちゃんの顔を見てると、質問したら答えてくれそうな悩ましい顔してますネ(^^)

☆さとさん

2日寝て2日起きるご老人がいらっしゃるのですか
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ長生きの秘訣って色々なんですね。

犬にとって何が良かったのかというのは本当に迷う所です。わたしなりに出来るはずのことをしんどさに負けて出来なかったりして、後悔につながっています。同じことを繰り返さないように、頑張ってお務めを完遂したいです。

☆ジュジュママさん

わたしも、確かに、「満足」するタイプではないので、色々な煩悶に繰り返し繰り返し陥っていると思います。
でもそんな自分を非難だけせずに、活かせるように考えたいです。

しばちゃん、にっこりしなくなってしまって、そのことがとても気にかかっています。

No title

こたまこさん、こんにちわ。
行動のパターンが変わると、心配になりますよね。
寝たきりに近い状態になった今、以前よりは楽になったことは確かですが、やっぱり夜中から明け方にかけての排泄は起こされるし、昼間だって、若い頃のようにお留守番させられないしで。
でもね、私も仕事をしていたので、仔犬の頃からずっとひとりでお留守番している時間の方が長かったから、高齢になってから、一緒に居てやれるのは良かったと思います。
何をしてやるのが一番良いのかって、本当はよくわかんないけれど、とりあえず、何時も一緒に居て、要求が有れば、すぐに手を貸してやれるっていうのが、一番なのかなと、思っています。
自己満足みたいですけどね。

幸雄の事では、ずっと応援して頂いて
ありがとうございましたm(_ _)m

しばちゃん、暴れる事が少なくなってきたんですね?

まだ私も「もっと幸雄に、こうしてあげたかった!ああしてあげれば良かった!」って後悔する事ばかりです…

幸雄の為にも前向きに考えようとするんですが
やっぱり涙が溢れてきます…
こたまこさんが、しばちゃんに愛情たっぷり注いで介護してる姿を拝見すると
「しばちゃんは、なんて幸せなんだろ~」
って思うのに…

「幸雄は私の元で幸せだったのかな?」
って思ってしまいます…
ダメですね…

しばちゃんには幸雄のぶんまで長生きしてもらいたいと思います。

寝たっきり介護の事で
私にお役に立てる事があれば
いつでもメール待ってます。

これからも
よろしくお願いしますm(_ _)m

☆チロルさん

チロルさんの意見に賛成です。
犬が若い頃に「こうしてあげられたらよかったのに」という後悔は沢山ありますが、シニアになってサポートが必要になってからはいつも一緒で、それはわたしの誠意だったと思います。

今は1日ずっと見ていて、要求のある時は排泄だと判断できるので、そこはきっちりやってあげたら、最上ではなくても悪くはなかったと思ってくれるかなと思っています。

☆幸雄母さん

まだまだお気持ちの整理のつかない日々ではないかと思います。そんな中のご訪問ありがとうございます。

わたしも、わたしの側から見ると幸雄ちゃんは渾身の介護を受けてあんな幸せな子はいないと思えます。幸雄母さんご本人が感じられる気持ちとは少し異なるんですね。みんな、そういうものなのかもしれませんね。

寝たっきりのお世話のことでまた何か知りたいことがあったらお知らせさせて頂きたいと思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。